千葉の葬儀のスペシャリスト

千葉で葬儀を行う場合、どのような形の葬儀があるかどうか、理解しておきましょう。

葬具は故人が最後に利用する大切な品

千葉で葬儀を行うときでも、どこで行う場合でも、葬儀には必要な用具があります。

心を込めて、故人との最後のお別れを行いたいというとき、葬具は非常に大切なものです。

最近は千葉の葬儀場でも、ご家族や故人の要望に合わせて葬具を準備してくれますので、葬儀の際、よく確認し、利用する葬具を決定しましょう。

まず祭壇です。

祭壇はオーソドックスなものから、個性的なもの、さらに最近は花祭壇など、美しいお花畑のような祭壇も人気となっています。

棺に関しても、非常にたくさんのものがあり、最後にお休みになる場所として、個性豊かなものを選択してほしいと各種用意されています。

通常はシンプルな木棺ですが、最高級の天然木無垢を利用したり、優しくやわらかな美しさに包まれる布棺、また最近は美しい文様が特徴的な刺繍の布棺も人気です。

また葬儀場によりますが、木枠デザインと漆和紙などを利用し、組み合わせてオリジナル棺を作ることができるというサービスもあります。

収骨器に関しても美しく個性的なものが多く、ある葬儀場では40種類以上という数の中から選ぶことができます。

最近は自然の趣味を感じさせることができるサッカーボールやゴルフボール、野球のボールなどを模した収骨器や宮内庁御用達の青磁を作っている著名な陶芸家の収骨器など、様々なものから選ぶことができます。

エコ的なものもありますので、こうしたものもしっかり選びたいものです。

このほか、お亡くなりになった方が最後にお召しになるご衣裳も、季節、その方のイメージ、さらに永遠の眠りにしっかりつけるような文様のものがあり、最後のお別れにふさわしい衣装を用意したいものです。

Comments are currently closed.